小児在宅医療体制構築事業 実績報告

目的 医師等を対象として、小児在宅医療に必要な実技を習得する。 日時 2021年2月7日(日)13:00~16:30 参加者 73名(医師8名、その他65名) 開催方法 オンライン(認定特定非営利活動法人うりずんから配信)

目的 災害が起きた場合でも、在宅生活される子どもとその家族への必要な支援を提供できるよう、多職種が連携して考えられる機会とする。 日時 2020年12月13日(日)14:00~16:00 参加者 76名(医師5名、看護師19名、薬剤師18名、リハビリ職4名、福祉職15名、行政職3名、その他12名) 開催方法 オンライン(認定特定非営利活動法人うりずんから配信)

目的 在宅医療を受ける児(きょうだいを含む)への支援を行う上で、家族支援の重要性を学ぶ機会とする。 日時 2020年11月8日(日)14:00~16:00 参加者 61名(医師3名、看護師13名、薬剤師14名、福祉職18名、教員・教育関係者2名、当事者家族1名、その他10名) 開催方法 オンライン(認定特定非営利活動法人うりずんから配信)

目的 小児在宅医療体制を構築する上で必要な多職種連携。それぞれの役割を知り、支援に生かせるよう学ぶ機会とする。 日時 2020年10月25日(日)14:00~16:00 参加者 93名(医師4名、看護師8名、薬剤師34名、福祉職15名、行政職36名、その他29名) 開催方法 オンライン(認定特定非営利活動法人うりずんから配信)

目的小児在宅医療における多職種のつながりを持つ機会とし、退院支援の実際を多職種で意見交換を通して、それぞれの職種の役割がイメージでき、子どもと家族を支える支援に生かす 日時 2020年1月26日(日) 開催会場 済生会宇都宮宇都宮病院 みやのわホール 参加者 ...

目的小児在宅医療に関心のある医師を対象とした小児在宅医療に必要な実務を習得する 日時 2019年11月10日(日) 開催会場 自治医科大学 医学部教育・研究棟1階 講堂及びとちぎ子ども医療センタークリエイティブルーム 参加者 56名(医師13名、その他43名)

目的小児在宅医療における多職種のつながりを持つ機会とし、地域支援についての具体的な方法を学ぶ 日時 2019年10月6日(日) 開催会場 栃木市 国府公民館 中会議室小会議室 参加者 48名(医師2名、看護師14名、福祉職15名、行政職12名、その他5名)

目的小児在宅医療に携わる又は関心のある医療従事者が医療的ケアを必要とする子どもの家族やきょうだい等の支援の必要性を理解しその支援方法等を学ぶ 日時 2019年8月3日(土) 開催会場 宇都宮市富屋地区市民センター 参加者 31名(当事者ご家族26名、 医師1名、教員・教育関係者1名、ボランティア3名) 講師協力 >>SHAMS様

目的 小児在宅医療に関心のある医師を対象とした小児在宅医療に必要な実務を習得する 日時 2019年1月27日(日) 開催会場 獨協医科大学病院 教育医療棟 6階シミュレーション講義室1 7階シミュレーション講義室2 参加者 67名(医師37名、その他30名)

目的 小児在宅医療における多職種のつながりを持つ機会とし、栃木県県北地域の地域性を知り、医療的ケア児の育ち・学び・暮らしを支える支援を共に考える 日時 2018年10月28日(日) 開催会場 那須赤十字病院 マイタウンホール 参加者 59名( 医師1名、 看護師17名、 福祉職23名、教員・教育関係者1名、 行政職6名、その他6名)

さらに表示する