1/26(日)第5回小児在宅医療に関わる多職種研修会を開催


 

栃木県では、人工呼吸器・気管切開・経管栄養・酸素吸入などの医療的ケアを必要とする子どもやその家族及びきょうだいが、住み慣れた地域で安心して生活を継続することができるよう、小児在宅医療に携わる関係者間の理解促進や連携体制の強化を図るための多職種研修会を開催しております。

 なお、今回の研修会は、医療的ケア児や重い障がいのある子どもたちとそのご家族にとっても楽しみの一つである食事について、講義と実習を通じて考えあう内容となっています。ぜひ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

実施概要

  • テーマ
    医療的ケア児の食事支援 ~子どもの伸びる力を信じて~
  • 日時
    2020年1月26日(日)1 0:00~16:00 (受付開始9:30~)
  • 会場
    栃木県済生会宇都宮病院 みやのわホール2階 (栃木県宇都宮市竹林町911-1 TEL.028-626-5500)
  • 対象者
    栃木県内の大学病院および地域の医療機関勤務の医師や歯科医師や看護師・退院支援業務に携わる看護師・メディカルソーシャルワーカー・訪問看護ステーション勤務の看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・障害者相談支援専門員・行政保健師・介護職員・保育士・教員・栄養士 等
  • 参加費
    無料
  • 実施体制
    主催 栃木県
    事務局 認定特定非営利活動法人うりずん(担当:小児在宅医療連携推進員 金澤)

内容

  • 10:00~ 開 会
  • 10:05~10:50 総論 医療的ケアが必要な子どもと家族~日々の暮らしに向き合うこと~
    ひばりクリニック 院長 認定特定非営利活動法人 うりずん 理事長 髙橋 昭彦 氏
  • 11:00~12:30 講演 子どもの伸びる力を信じる食事支援
  • 13:15~13:45 講演 子どもの伸びる力を信じる食事支援 その2
  • 13:45~14:15 講演 サンプル品の紹介
  • 14:25~15:15 実習 作り方を知ろう・学ぼう・食べてみよう
  • 15:15~15:45 実習 介助方法や姿勢の違いを学ぼう
    社会福祉法人子羊学園 つばさ静岡 医務部長 浅野 一恵 氏
  • 15:45~16:00 質疑応答
    髙橋昭彦氏・浅野一恵氏
  • 16:00 閉会

 

講師プロフィール

浅野 一恵(あさの・かずえ)

社会福祉法人小羊学園 つばさ静岡医務部長。重症児のための新しい食形態(まとまりペースト食、まとまりマッシュ食、胃ろう食)をつばさ静岡摂食チームで開発される。日本摂食嚥下リハビリテーション学会「発達期嚥下調整食分類2018」の策定にも関わる。全国で重症児の食事支援に関する講義や料理教室などを開催されている。

  

ご注意

※動きやすい服装でご来場ください。

※昼食は12:30 ~13:15 の45分の予定です。昼食をご持参ください。

 

お申込

事前申し込みが必要となります。下記フォームよりお申し込みください。

※定員を超えた場合のみ、調整のためご連絡させて頂きます。

 

締切 2020年1月14日(火)

 

 

メモ: * は入力必須項目です