11/14(日)第5回小児在宅医療実技講習会


研修会の動画の公開は終了しました。

この研修会での学びをより多くの方々と共有していただく為、2022年3月31日まで期間限定で動画を公開致します。

また、動画を職場や支援者で共有する際に、どのように活用したのかが分かる再生記録を記した文書の提出をお願いしております。

下記のデータをダウンロードし、ご記入の上、小児在宅医療のメールアドレス(syounizaitaku@hibari−clinic.com)までお送りいただきますよう、ご協力の程宜しくお願い致します。

ダウンロード
動画を活用したときの報告様式(利用者→うりずんへ).docx
Microsoft Word 17.5 KB

栃木県では、人工呼吸器による呼吸管理、喀痰吸引その他の医療行為である医療的ケアを必要とする子どもやその家族及びきょうだいが、住み慣れた地域で安心して生活を継続することができるよう、小児在宅医療に携わる医療機関の更なる充実を図るため、小児在宅医療に関心のある医師等を対象とした小児在宅医療に必要な実技習得のための講習会を開催しています。

 

第5回目となる今回は、神経筋疾患等の呼吸・嚥下機能不全、吸引手技、人工呼吸器管理、生活の中でのポジショニング、胃ろう・気管カニューレ管理、経管栄養新規コネクタ規格、診療報酬などについて取り上げます。

  • 日時

    2021年11月14日(日)12:45~16:15

  • 会場
    オンラインセミナー(認定特定非営利活動法人うりずんより配信)
  • 対象

    在宅医療に携わる医師、小児科医、小児在宅医療に関心のある医師・看護師・薬剤師・相談支援専門員・教育関係者等

  • 定員

    300名

  • 参加費

    無料

  • 講演内容/担当講師
    • 12:45~13:00 開会挨拶
      自治医科大学医学部 小児科学講座 教授 小坂 仁 氏
    • 13:00~13:30 中枢神経障害、末梢神経・筋障害のお子様の呼吸・嚥下機能(咽頭喉頭機能)不全について
      自治医科大学医学部 小児科学講座 教授 小坂 仁 氏
    • 13:30~14:00 人工呼吸器について 
      自治医科大学医学部 小児科学講座 講師 池田 尚広 氏
      実技:人工呼吸器について
    • 14:00~14:10 休憩
    • 14:10~14:40 生活の中でのポジショニングについて
      自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター 室長補佐 認定作業療法士 黒渕 永寿 氏
    • 14:40~14:45 休憩
    • 14:45~15:15 胃ろうの管理とカニューレ交換について 
      自治医科大学附属病院 とちぎ子ども医療センター 小児外科 病院助教 辻  由貴 氏
    • 15:15~15:45 経管栄養新規コネクタ規格について
      自治医科大学医学部 小児科学講座 助教 桑島 真理 氏
    • 15:45~16:15 小児在宅医療に係る医療保険と診療報酬について 
      ひばりクリニック 院長/NPO法人うりずん 理事長 髙橋 昭彦 氏
    • 16:15     閉会挨拶 
      ひばりクリニック 院長/NPO法人うりずん 理事長 髙橋 昭彦 氏

<資料ダウンロード>